普通の私が、世界でいちばん幸せになること

日々、思ったことや感じたことを書いていきます。

book『金持ち父さん 貧乏父さん』

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

2013年に出版された改訂版。

元は2000年に日本で発売されています。

あまりに有名な本なので、読んだことがある人も多いですよね。

 

2000年、私は9歳でした。

筆者のロバートさんが、金持ち父さんのもとでお金のことを学び始めたのも、9歳。

9歳の私にこの本が読めたとは思わないけど(24歳でも読まなかった)、もし今私に9歳の子供がいたなら、この本をすすめてあげたいと思います。

 

 

私は去年の夏、友達に勧められて購入。

でも、全然興味が持てなくて部屋の隅に寝かせていました。

この強い紫色の表紙に圧倒されていました。笑

 

最近、セミナーや勉強会でこの本を好きだと言う人、この本について触れる話を聞く機会が増えたので「これはそろそろ読めという合図かな」と、強い紫色の表紙を開こうと決めました。

 

読んでみたら、すぐに読み終えました。

文章が柔らかくて読みやすいです。

私の文章を読むスピードは、文章の硬さ・柔らかさに比例します。笑

 

 

この本を読んで考えたのは、「お金に関する教育」について、です。

 

作者のロバートさんが育ったのはハワイ、しかもずっと昔のこと。しかし今現在の日本という国でもお金に関する大衆の考え方は変わっていません。

 

高学歴、高収入。安定した給与を求め、自分が与えられたお金はずっと大切に大切に銀行に保管して、安心を求めて働き続ける...。

 

今の若い人たちは、年金が無くなるかもしれなかったり、退職金も出なくなったり...会社や国に守られない、頼れない状況になります。

 

どんどん『個人の力』が必要です。

私は教育に関して詳しくはないですが、自分と同じような教育を受けた人や、周りにいる大学を出た人を見ても...もっとお金の勉強をした方が良いと思います。

 

大人になった今だからわかるお金の大切さや、働くことについて思うことは誰しもあります。

もし、知識としてお金について学んでいたら、今の職業を選択していたかどうか。それは「幸せ」に繋がることだと思います。

 

もっと難しくなく、仰々しくなく、お金の勉強が出来たら良いのになあ。

少なくとも私を含め、私の周りにいる人はもっと色んなことが良くなると思う。

 

そういうことを学ぶために、今、私が何をすべきか。どうしたらそう出来るのか。

この本のように例えると、「買えない」ではなく「どうしたら買えるか」を考えてみようと思います。 

 

私より知識を持った人は、世の中にたくさんたくさんいるけれど、私が発信してはいけないと決められている訳でもないし、私は1年前の私のような人に読んで欲しい文章を書きたいと思いました。

 

大いに脱線しました。笑

 

そして、この本の中にはロバートさんが好んでいるという『不動産投資』についてのお話があります。

私は不動産に特に興味があったわけではなかったのですが...

先日カフェで、カバーを付けずに読んでいたら、お隣の中年男性に声をかけられました。

最初警戒をしましたが(正しい反応)、男性は「その本を見てつい声をかけた」ということで、少しお話しました。

 

少しお話して、最後はオススメの不動産雑誌を見せて頂いてお別れしました。

名前も知らない方だったけど、同じ本が好きというだけで少し繋がることもあるんだなあと、なんだか感動しました。

 

 

「金持ち父さん」シリーズはたくさん出ているようなので、続編の「キャッシュフロー」も読みたいと思います。なんだか、今日はそのゲームに誘われているのですが、ついていけるかあ...。

とりあえず経験!で行ってきます!

 

 

 

自分で選んで考えて行動するということ

f:id:iichicoo:20170624084253j:image

 

ブルーライトカット眼鏡でドヤ顔。

 

心はいつもときめいています!

 

 

お久しぶりのブログになりました。

 

 

前の投稿の6月5日なんて、

もう大昔みたいに感じてます。笑

 

日々価値観が崩壊&構築されていきます。

 

セミナーだったり、読書だったり、会話だったり。

 

 

私はこれからどうにでもなれるので、

目標設定するために知識をつけないと。

 

知らないというのは、本当に怖いことですよね。

 

今までの人生と同じように過ごして、歳を重ねていくことも、出来たのです。

私の周りの人(職場、家族、友達)は、そうして生きています。それも素晴らしいのだと思います。

実際、私は周りの人と比べて、フリーターで年収が少ないし、人生のパートナーがいるわけではない。

 

だから、より身軽に動けます。

 

独身フリーターというのは、今までとても誇れるものではなくて、出来ればやめたいと思っていたけれど、今はこの状況でよかったと思っています。

 

自分で時間を管理できます。

 

そしてこの状況を続けることは私にとっては息苦しいものなので、もっと楽に楽しく生きるために、ときめきながら学んで行動をしています。

 

 

昨日とある出会いがあり、本屋さんで不動産投資の雑誌と、趣味の少女漫画2冊を買いました。

 

これが、私の「今」を表していると思いました。

 

不動産投資をしているわけでもないのに雑誌を買ったのは、たまたまカフェで隣り合った人が不動産をしている人(曖昧…)で、少し話して、もし不動産やるならこれいいよーってオススメされたからです。

 

オススメされて自分も興味を持ったら行動してみる。

 

これも鍵なのかなあと思います。

 

ただ、最近はどうしても動かないことがあって、プレッシャーなどで苦しかったのですが、私は私の大事にしたいものを優先しようって思いました。

 

気持ち的に人にやらされたと思うのと、自分で考えてやったことは、結果の受け止め方がまるで違ってきます。

 

結果はどうであれ。

 

そう考えた時、プレッシャーを跳ね返すことが出来てすごく楽になったので、この考え方は私に合ってると思いました。

 

 

最近読んだ本が何冊かあるので、後で紹介します♪

 

在り方について

f:id:iichicoo:20170605082117j:image

 

 

おはようございます!

 

今朝は、出勤したら

1時間早かったことが判明したので笑

休憩室で本を読んだり

ノートを書いたりしていました。

 

私が一番好きで、

毎日することです。

 

 

最近参加したセミナーで

2年後の『在り方』を考える、

ということを教えて頂きました。

 

なんの制約も無く、

自分がしたいこと、したい生活が

出来るとするなら、

何を描く?ということです。

 

これは、私は常日頃してるので

楽〜に考えれるのですが、

具体的に家は、家賃は?など

細かく調べたことはなく。

 

細部まで決めること、

そのために必要なお金を計算することは

初めてしてみました。

 

具体的に調べて考えるほうが

とても楽しいです。

より、現実的になっていくようで。

 

私はまだまだ自分の心と

向き合いたいなあと思います。

 

私の性格のひとつに

『好きだけど(やりたいけど)

細かく調べたりしたくない。

深く知りたくない、知らなくて良い』

というものがあります。

好きな歌手も、有名人も、職業も、

なんとなくが心地良いと感じます。

 

最近は変わってきていて、

知らなければ実現もできないと

思っているので、

自分が興味を持ったことは

なるべく調べるようにしていますが…

まだまだだなあと実感しました。

 

 

今日、知り合いに在り方を

見て頂きます。

それは流れでそうなって、

恐らく今後あまり関わりが

ない方だと思うので、

したいようにしてきます。

(常識にのっとって、

話したいことを話して

聞きたいことを聞いてきます。笑)

 

 

在り方を考えるだけ、は

誰にでもできます。

 

そこからどうするか、

どう行動したらそうなるか、

そして実際どうするか…

 

設計図を作ったら、

工事着工です。

 

その辺りのことも

私はまだよくわからないので

今日聞いてみたいと思います。

 

 

今日はどんな1日にしようと考える、

『今日の在り方』は、

お休みの日でも仕事の日でも

自分で決めることができます。

 

1日1日、自分をもって

生きていくために思考します。

 

よい1日を♪

 

 

book『考える力』

 

なんか渋い感じかなあって思いながら

手にとったこの本。

 

 

考える力 (だいわ文庫) (だいわ文庫 D 318-1)

考える力 (だいわ文庫) (だいわ文庫 D 318-1)

 

 

茂木さんと羽生さんの対談集です。

おふたりの柔らかい雰囲気と

ハイレベルだけど読みやすい言葉で

書かれています。

 

頭の良い人たちは

こういう状態になったりするんだあ...と

感心することや、

将棋を歴史的に紐解いて

どうして現在の形になったのか、

対局中にはどのような思考になるのかなど、

なかなか普段は知らないようなことが

書いてあるので、面白いです。

 

 

将棋って、考える力は

本当に必要ですよね。

棋士の方たちって本当に、すごい。

 

話題の最年少棋士も、

考える力ってすごいんだろうなあ。

中学生のころなんて、

私は何かを深く考えたり、

ひとつのことに向き合う集中力は

ありませんでした。(今もあまり...)

 

実際に将棋がわかる方からしたら

違った見方なのかもしれませんが、

幼い頃にルールを覚えたレベルの私には

プロの対局って、途方もない時間

ずっと向き合って考えて...

すごい。

研究などもたくさんされているので、

普段からどれだけ将棋のことを考えて

向き合っているのか。

 

本の中でたびたび登場する

コンピュータと人間の比較。

美意識について触れていますが、

将棋がこれほどまでに多くの人を

魅了しているのは、

将棋を指しているのが人間だから、だと思います。

 

コンピュータ同士が指しても

新しい方法や手に感動するかも知れない。

でも、人間が指すと言うことは

それだけではない、

様々な感情が伴って

勝敗だけではない、ミスや

寄り道や意外性や人柄や美意識があって、

そこに感動するのだと思います。

その感動の可能性は無限です。

 

人間の「考える力」には

様々な可能性があって、さらに感情がある。

私たちは自分の、あるいは他人の

「考える力」に無意識に感動しているのだと思います。

 

今日という1日

 

毎日、思いがけないことが起きます。

 

自分にとって試練となることも

手放しで喜べることも。

 

起きた出来事によって

自分の感情が揺れ動いて、

そのときに何を思うか

何に気づくか。

 

朝起きたときには

想像もできないようなこと。

想像出来ない感情。

 

起きたときはすごくショックで、

たとえ涙することでも。

起きること全部は自分に繋がっている。

 

強く思って行動することで

自分の人生の舵取りはできます。

でも細部まで決めることは出来なくて、

起きることは自分と世界中との繋がりを示しています。

 

そんなことを思って過ごすと、

今日という1日がとても楽しく

自由で、愛しくなります。

 

ならない人は、もう少し自分の

感情の感度を上げてみてください。

きっといろんなことに気づけます。

 

今日という1日、

1日1日を大切に生きます。

 

 

book『なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ』

最近大ハマりしました、こちらの本。

 

なぜ幸せな恋愛・結婚につながらないのか 18の妖怪女子ウォッチ

 

すっごく面白かったですー!

妖怪女子の生態を網羅していますー!

 

妖怪女子っていうと、

なんかモンスターみたいな、

滅多に出会わないような感じがしますが、

います!

そこらじゅうにいます!むしろ女子はみんなどこかしら妖怪!笑

 

女子の心に妖怪は普通にいますよー。

認定される基準としては、

それが表に出ているか、いないか。

こじらせているか、いないかって違いだけですね。

 

自分のタイプがわかる

妖怪チェックチャートがあるので、

自分が当てはまった妖怪女子のページを見たら、

「わかる~!」って共感します。

 

親友にもオススメして

妖怪チャートしてもらったら、

「えー、全然当てはまらないよ~」

って言っていたけど...

すごく当てはまっているよ?!と、思いました。

 

 

18の妖怪女子の生態がのっています。

まずは妖怪女子の特技、好きになる男性のタイプ、特長を紹介。

次は妖怪女子への著者インタビュー。

そして、20代前半とアラサー以降、どうなっていくのか。どう変化するのか。詳しく書いています。

 

私が1番印象に残ったのは、『束縛ネトスト女子』。

1番共感したのは、『ときめき至上主義女子』です。

 

 

漫画みたいにするするーっと読めます。

本当に面白いので、ぜひ本屋さんで手にとってみてください!

イラストもすごく素敵です。わかりやすくてお洒落。

 

最近1番好きな本の紹介でした♡

 

 

自分の意見に自信を持つ

f:id:iichicoo:20170522220850j:image

好きなひとに、この日の服装

好きって言ってもらえて

嬉しかったです♡

 

 

 

今日は読書会に

参加させて頂きました。

 

…自分の幼稚さに

反省です。

 

みなさん、すごいなあ。

 

話し方も賢くて、

意見も的確で教養があって、

説明もわかりやすくて。

 

 

私は、最後のグループのまとめで

指名して頂いたのに、

全然、まとめれなくて、

自分の感想になっちゃいました。

 

みんな気にしてないと思うけど、

自分なりの反省です。

 

せっかく自分の意識が

少し変わったし、

こうなりたいって思いも

出来たので、

日々精進します。

 

 

私は、もっと教養を深めたい。

色んなお話をしたい。

自分の考えを深めて、

自分の意見に自信を持って、

「話し合い」「意見交換」が

出来るようになりたいです。

 

今まで自分を

表現することは苦手で

逃げていたこと。

 

少しでも自分の意見と違うと、

自分で自分の意見を全否定する癖。

それは些細なことでも。

恋愛であっても。

 

自分に自信を持つ。

 

そうしないと、

何も始まらないからね。

 

私は自分に一番必要なのは

自信だと思っています。

 

 

即席の自信は

一瞬で壊れてしまうので、

しっかり積み重ねて、

どんな風や雨でも

ビクともしないような

自信を作りたいと思います。

 

 

あと、テーマが社会性のある本だから

そう思うのだろうけれど

(自分の意見に自信ないとか)、

これが恋愛、結婚、生き方だったら

また違うだろうな〜と思いました。

 

ひとには得意分野が

それぞれあるなあと思って聞いていました。