25歳女子生活Review

iichico(いいちこ)25歳、恋愛・美容系ライター兼飲食店アルバイトです。身の回りのものレビューを書いています。本、漫画、美容、婚活アプリがメインです。

book『妖怪男ウォッチ』

恋愛魔窟マスター、ぱぷりこさん著『妖怪男ウォッチ』

 

最近の愛読書はこちら。

目に優しくないピンク色の『妖怪男ウォッチ』です。

 

妖怪男ウォッチ

妖怪男ウォッチ

 

 

作者のぱぷりこさんを知ったのは、本屋さん。

2冊目の著書でした。

 

iichicoo.hateblo.jp

 

『妖怪女子ウォッチ』は,妖怪女子が自分と重なり過ぎて、読んでいるうちに心痛くなっちゃう部分がありますが、『妖怪男ウォッチ』は「いるいる!あるある!」とひとりで盛り上がりつつ、「まあ男ってこんなものだよね」と灰色の気持ちになりました。

 

著書で触れている妖怪男は17種類。

・コンサル男

・自称ロジカル男

 ・セフレ牧場経営者

スタンプラリー男

・トラウマ吟遊詩人

・恋心の搾取地主

・不倫おじさん

・彼女自動補充男

・プライド山男

・知り合いがすごい男

・メンヘラほいほい男

・僕を救って男

・第二のママ錬金術

・君は見どころがあるね男

・港区の男

・ディスり男

・束縛使い 

 

うわあ。目次だけでもうカオス!

 

恋愛経験が特段多いわけでもなくコミュニティは激狭な私でも、本書を読んで「こういう男いるいる!」と思ったは、ひとりの男性の中に、いくつかの妖怪が存在しているからだと思いました。

 

こういった本を読んでしまうと、人をカテゴリー分けする思考に寄ってしまいます。影響を受けやすいんです。(笑)

私に多大なトラウマをもたらした恋愛のひとつである元彼は、ディスり芸人寄りのプライド山男でした。カテゴライズできたことで、自分の中で感情の落としどころが見つけられた気がします。ほっと一息。

 

 

恋愛に必要な力「観察力」 

「考えるな、感じろ」で恋愛をしてきた私にとって、ぱぷりこさんの考え方が新鮮すぎます。恋愛は感じているだけではだめなんですね。むしろ、自分が自発的に作る他者との深い繋がりなのだから、自分のことも相手のことも見えていなくてはいけない。

 

転んでも転んでも、なぜ転ぶのかを考えなかった。どうして転ぶのかを考えませんでした。だからボロボロだったんだ-。

 

この本は、「こうしたらうまくいくよ」「こうしたら結婚できるよ」というものではなく、妖怪男の生態を読みながら「いるいるー」ってひとり女子会が開催できる本です。ひとり女子会。

ただ、今現在パートナーがいて、そのパートナーにもやもやしている人は読むとすっきり&絶望するかと思います。それくらい的確!書き手の逃げがない文章。ぱぷりこさんの観察力と分析力を持ってして、妖怪男を淡々と語っている。

 

ぱぷりこさんのブログや本が大好きでnoteも買ってしまおうか悩んでます。私もあんなふうに文章書きたいなーーーー!(憧れ、そして目標)まず頭悪いの治したい。

 

 

話がブレまくりですが、ぱぷりこさん著『妖怪男ウォッチ』、大変面白いです。ただ、色とイラストの構成がとても読みづらいので、休憩を挟みながら読むことをオススメしまあす。

 

 

 

comic『一人交換日記』

 

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

一人交換日記 (ビッグコミックススペシャル)

 

 実家にあったので読みました!

 

永田カビさんは前作、『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』

 

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

 

 が話題になり、読んだこともありましたが、

もう1冊出ていたのは知りませんでした!

去年出てたんですね。

 

わーい♡

購入してくれた妹に感謝しながら、

深夜、読みました!

 

 

読んだ感想は・・・・・・

深夜に読むためにあるような本でした・・・。

 

心がえぐられて、ぐわっと切なく、

共感する度に安堵と暗い気持ち。

 

気持ちの描写がすっごく上手。

永田カビさんは、すごくご自分と向き合ったんだろうなあ。

心理学で考察されるようなことが、自然に漫画で描かれていました。

心理学の教科書にして欲しい。学校において欲しい。

 

 

きれい事じゃなく、ゆるふわすぎない現実的な、ある意味絶望的なエッセイです。

深夜に読むと、心がわりとどん底に落ちました。笑。

 

永田カビさんの漫画って、誰でも共感するところはあると思う。

たとえば、自分と絶対話が合わない!と思うようなギャルでも、

エリートすぎて何考えてるかわからないお兄さんでも。

 

みんな、言わないだけで持ってる気持ちなんじゃないかな。

それを漫画にしてくれて、言葉にしてくれて、絵で伝えている。

そういうことできる人って本当にすごい。

それができるだけ救われる人はたくさんいます。

 

永田カビさん、ありがとうございます。

 

漫画家としてのサクセスストーリーではなく、

「家族から実はずっと愛されてました!」的なおちでもなく、

絶望したり落ち込んだり笑ったりもがいたり沈んだり。

そんなわりと鬱エッセイ漫画。こういうのって救われますよね。

比べて自分のほうが上とか下とかそんな気持ちも少しはなくもないですが、

それよりも、「わかるーわかるー」って、ひとりで頷きたい。

他人とやるととてつもなく不毛なので、ひとりで。

 

 

幸か不幸かなんて、自分でしかわからない。

 

今、実家に帰省していますが、祖母からは再三「結婚はまだか」。

「結婚はするもの、できないのは不幸」という価値観の人に

「私はまだ結婚する気がないよ」って言ったって。ね。

ただただ「」

大事なのは、揺るがずに不安がらずに、自分の気持ちを持っていること。

他人の価値観に引っ張られるのは、不幸以外の何物でも無い。

それは家族だろうと、友達だろうと恋人だろうと。

 

 

永田カビさんは、特にお母様に認められたい、愛して欲しいっていう

気持ちが強くあって、執着していて、

最後のほうはやっと解放されたのかな?と思いましたが、

そんなこともなさそうな感じがリアルですね。

最後ってどうしても綺麗にまとめちゃいそうですが、そうでないのが良いです。

生きてるーって感じです。

 

だって29年も確執があるのに、本2冊分だけで綺麗になってたら怖いですよね。笑。 

 

 

こんな思いを抱えていそうな人を見つけたら、ぜひこの本を薦めてあげてください。

・家族とうまくいっていない

・一見家族とうまくいっている

・引きこもり

・友達が少ない

・自信が無い

・大勢でいるのが苦手

・さみしがり

・自己嫌悪している

 

ほぼ私です!以上です!

 

 

 

 

 

 

 

 

book『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

おはようございます。

 

最近、お金を増やしたくて増やしたくて

切実な私です。

 

しばらく前に買ったこの本を読み返してます。

 

他にも、投信や株に関する本をちょこちょこ読んでますが、

この本はわかりやすいです。

 

お金のプロである山崎元さんと、

お金についての素人さんとの会話形式で進んでいくので、

ばーっと持論が書いてある本よりわかりやすいのです。

 

しかもこの素人さんは、私と同じ疑問を本の中で

山崎さんに質問してくれるので、助かります。

 

お金のプロであるファイナンシャルプランナーさんたちは、

どんなにわかりやすく説明してくれても、

もう自分はわかっていることを言うわけだから、

素人がわからないことに気づかないんだと思います。

 

素人さん実際に登場することで、

読みやすく、理解しながら読み進めることができます。

 

お金については色んな考え方があるので、

何冊か読んで、自分で選ぶのが良いかと思います。

 

私は本当にお金に対して無知なのですが、

ちょこちょこ増やすための勉強をしています。

しかし、いかんせん頭が悪いというか、

理解力が無いもので、かなり時間がかかってます・・・。

やっとネットで証券口座を作りましたが、未だによくわからず・・・笑。

めんどくさくなると、えーいって思い切りが良くなる性格なので、

お金に関してはそうならないように、

自分のしていることを明確にしながら行動したいです・・・。

 

そう思ったときに、読み返した本でした。

 

内容的にはけっこう地味ですが笑、

知っていた方が良いなと思う制度や仕組みについて書いてあります。

しかも読みやすい!

私のようなお金の初心者にオススメです◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お仕事を受ける時に必要なのは、自分との相談

f:id:iichicoo:20170707000526j:image

 

なんという花なんでしょうか。

 

道端に咲いてました。

小さいお花、可愛いです。

(なんでも可愛いという語彙力のなさ…)

 

 

真夜中ですが、頭がお仕事モードで

眠りたくないのです。

 

でも、休ませないと。

明日は寝坊できない上に早起きして準備だし、風邪はまだ治りかけだから。

 

寝る前のブルーライト、よくありませんね。

 

 

 

仕事でも人間関係でも、

課題は自分を安売りしないことです。

 

それって、自分に自信がなくて

しっかりとした意志を持っていないと、

ついついやってしまいます。

 

イエスマンというか、

やります!できます!のように。

 

そして困るのは自分だけ。

 

自分は困らせるものじゃありません。

追い詰めるものでもありません。

 

お仕事受ける時は、相手との相談より

自分自身との相談も

大事にしなくてはいけませんね。

 

お友達との約束も同じです。

 

 

 

book『金持ち父さん 貧乏父さん』

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

2013年に出版された改訂版。

元は2000年に日本で発売されています。

あまりに有名な本なので、読んだことがある人も多いですよね。

 

2000年、私は9歳でした。

筆者のロバートさんが、金持ち父さんのもとでお金のことを学び始めたのも、9歳。

9歳の私にこの本が読めたとは思わないけど(24歳でも読まなかった)、もし今私に9歳の子供がいたなら、この本をすすめてあげたいと思います。

 

 

私は去年の夏、友達に勧められて購入。

でも、全然興味が持てなくて部屋の隅に寝かせていました。

この強い紫色の表紙に圧倒されていました。笑

 

最近、セミナーや勉強会でこの本を好きだと言う人、この本について触れる話を聞く機会が増えたので「これはそろそろ読めという合図かな」と、強い紫色の表紙を開こうと決めました。

 

読んでみたら、すぐに読み終えました。

文章が柔らかくて読みやすいです。

私の文章を読むスピードは、文章の硬さ・柔らかさに比例します。笑

 

 

この本を読んで考えたのは、「お金に関する教育」について、です。

 

作者のロバートさんが育ったのはハワイ、しかもずっと昔のこと。しかし今現在の日本という国でもお金に関する大衆の考え方は変わっていません。

 

高学歴、高収入。安定した給与を求め、自分が与えられたお金はずっと大切に大切に銀行に保管して、安心を求めて働き続ける...。

 

今の若い人たちは、年金が無くなるかもしれなかったり、退職金も出なくなったり...会社や国に守られない、頼れない状況になります。

 

どんどん『個人の力』が必要です。

私は教育に関して詳しくはないですが、自分と同じような教育を受けた人や、周りにいる大学を出た人を見ても...もっとお金の勉強をした方が良いと思います。

 

大人になった今だからわかるお金の大切さや、働くことについて思うことは誰しもあります。

もし、知識としてお金について学んでいたら、今の職業を選択していたかどうか。それは「幸せ」に繋がることだと思います。

 

もっと難しくなく、仰々しくなく、お金の勉強が出来たら良いのになあ。

少なくとも私を含め、私の周りにいる人はもっと色んなことが良くなると思う。

 

そういうことを学ぶために、今、私が何をすべきか。どうしたらそう出来るのか。

この本のように例えると、「買えない」ではなく「どうしたら買えるか」を考えてみようと思います。 

 

私より知識を持った人は、世の中にたくさんたくさんいるけれど、私が発信してはいけないと決められている訳でもないし、私は1年前の私のような人に読んで欲しい文章を書きたいと思いました。

 

大いに脱線しました。笑

 

そして、この本の中にはロバートさんが好んでいるという『不動産投資』についてのお話があります。

私は不動産に特に興味があったわけではなかったのですが...

先日カフェで、カバーを付けずに読んでいたら、お隣の中年男性に声をかけられました。

最初警戒をしましたが(正しい反応)、男性は「その本を見てつい声をかけた」ということで、少しお話しました。

 

少しお話して、最後はオススメの不動産雑誌を見せて頂いてお別れしました。

名前も知らない方だったけど、同じ本が好きというだけで少し繋がることもあるんだなあと、なんだか感動しました。

 

 

「金持ち父さん」シリーズはたくさん出ているようなので、続編の「キャッシュフロー」も読みたいと思います。なんだか、今日はそのゲームに誘われているのですが、ついていけるかあ...。

とりあえず経験!で行ってきます!

 

 

 

自分で選んで考えて行動するということ

f:id:iichicoo:20170624084253j:image

 

ブルーライトカット眼鏡でドヤ顔。

 

心はいつもときめいています!

 

 

お久しぶりのブログになりました。

 

 

前の投稿の6月5日なんて、

もう大昔みたいに感じてます。笑

 

日々価値観が崩壊&構築されていきます。

 

セミナーだったり、読書だったり、会話だったり。

 

 

私はこれからどうにでもなれるので、

目標設定するために知識をつけないと。

 

知らないというのは、本当に怖いことですよね。

 

今までの人生と同じように過ごして、歳を重ねていくことも、出来たのです。

私の周りの人(職場、家族、友達)は、そうして生きています。それも素晴らしいのだと思います。

実際、私は周りの人と比べて、フリーターで年収が少ないし、人生のパートナーがいるわけではない。

 

だから、より身軽に動けます。

 

独身フリーターというのは、今までとても誇れるものではなくて、出来ればやめたいと思っていたけれど、今はこの状況でよかったと思っています。

 

自分で時間を管理できます。

 

そしてこの状況を続けることは私にとっては息苦しいものなので、もっと楽に楽しく生きるために、ときめきながら学んで行動をしています。

 

 

昨日とある出会いがあり、本屋さんで不動産投資の雑誌と、趣味の少女漫画2冊を買いました。

 

これが、私の「今」を表していると思いました。

 

不動産投資をしているわけでもないのに雑誌を買ったのは、たまたまカフェで隣り合った人が不動産をしている人(曖昧…)で、少し話して、もし不動産やるならこれいいよーってオススメされたからです。

 

オススメされて自分も興味を持ったら行動してみる。

 

これも鍵なのかなあと思います。

 

ただ、最近はどうしても動かないことがあって、プレッシャーなどで苦しかったのですが、私は私の大事にしたいものを優先しようって思いました。

 

気持ち的に人にやらされたと思うのと、自分で考えてやったことは、結果の受け止め方がまるで違ってきます。

 

結果はどうであれ。

 

そう考えた時、プレッシャーを跳ね返すことが出来てすごく楽になったので、この考え方は私に合ってると思いました。

 

 

最近読んだ本が何冊かあるので、後で紹介します♪

 

在り方について

f:id:iichicoo:20170605082117j:image

 

 

おはようございます!

 

今朝は、出勤したら

1時間早かったことが判明したので笑

休憩室で本を読んだり

ノートを書いたりしていました。

 

私が一番好きで、

毎日することです。

 

 

最近参加したセミナーで

2年後の『在り方』を考える、

ということを教えて頂きました。

 

なんの制約も無く、

自分がしたいこと、したい生活が

出来るとするなら、

何を描く?ということです。

 

これは、私は常日頃してるので

楽〜に考えれるのですが、

具体的に家は、家賃は?など

細かく調べたことはなく。

 

細部まで決めること、

そのために必要なお金を計算することは

初めてしてみました。

 

具体的に調べて考えるほうが

とても楽しいです。

より、現実的になっていくようで。

 

私はまだまだ自分の心と

向き合いたいなあと思います。

 

私の性格のひとつに

『好きだけど(やりたいけど)

細かく調べたりしたくない。

深く知りたくない、知らなくて良い』

というものがあります。

好きな歌手も、有名人も、職業も、

なんとなくが心地良いと感じます。

 

最近は変わってきていて、

知らなければ実現もできないと

思っているので、

自分が興味を持ったことは

なるべく調べるようにしていますが…

まだまだだなあと実感しました。

 

 

今日、知り合いに在り方を

見て頂きます。

それは流れでそうなって、

恐らく今後あまり関わりが

ない方だと思うので、

したいようにしてきます。

(常識にのっとって、

話したいことを話して

聞きたいことを聞いてきます。笑)

 

 

在り方を考えるだけ、は

誰にでもできます。

 

そこからどうするか、

どう行動したらそうなるか、

そして実際どうするか…

 

設計図を作ったら、

工事着工です。

 

その辺りのことも

私はまだよくわからないので

今日聞いてみたいと思います。

 

 

今日はどんな1日にしようと考える、

『今日の在り方』は、

お休みの日でも仕事の日でも

自分で決めることができます。

 

1日1日、自分をもって

生きていくために思考します。

 

よい1日を♪