普通の私が、世界でいちばん幸せになること

日々、思ったことや感じたことを書いていきます。

books 『半径5メートルの野望』

新刊が話題の、はあちゅうさん。

新刊を読んでから、こちらの本を読み直しをしました。

 

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)

半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)

 

 

去年、旅行に行ったときに新幹線で読む本を探していて買いました。

それまで、はあちゅうさんの名前は知っていたものの、どんな人でどんな仕事しているひとなのかは知りませんでした。

 

本を読んで、すごく熱量がある人だと思いました。

 

『英語では、ひとかどの人をsomebody、取るに足らない人をnobodyといいますが、』

 

『チャンスがくることを願っているだけの人の夢はいつまで経っても叶わないのです。』

 

ビシビシと、心に痛い言葉たちが響きます。

現代を生きる女性作家さん...逞しい文章で、夢や仕事に怠惰な人への言葉は的確です。

 

はあちゅうさんは作家になりたくて努力して形になって、今現在でも変わらずいろいろなコンテンツで動き続けている方です。

仕事への熱量がすごい。

 

最近、はあちゅうさんのtwitterを見ています。

twitterのほうが言葉が強めだと感じます。不特定多数の人に見られるからでしょうか。

本の方が、言葉が柔らかい印象です。

 

この本では、はあちゅうさんの圧倒的な仕事への熱量が読み取れます。そのほか、自身のことや他人のこと、内容は盛りだくさんです。

はあちゅうさんに興味を持ったら、新刊『言葉をつかいこなして人生を変える』よりも、こちらの本を読むことをオススメします。