読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の私が、世界でいちばん幸せになること

日々、思ったことや感じたことを書いていきます。

movie『LA LA LAND』

 

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

ラ・ラ・ランド-オリジナル・サウンドトラック

 

 

少し前に話題になりましたね。

私も観ました~。

以下、ネタバレ有りかもしれないです。

 

 

私の周りの人はミュージカル映画系に興味ない人が多かったので、観た人がいませんでした。(!)

周りに観た人がいなかったのでsnsで感想を観たりしていましたが、大体の人が肯定的だと思いました

肯定的・否定的な意見ともに、共感したものもあれば、そういう見方もあるんだなあっていうものまで様々です。

 

私が観た後の率直な感想は...「ザ・アメリカン!なミュージカル映画」でした。

ファンタジーとして観たら、楽しい映画です。

映画なのでファンタジーなのはそのとおりなんですけどね。

 

女性がなにかを観るときの視点は、共感できるかどうか。

共感力が強い女性なので、共感できると嬉しいし、心が動いて感動する。

たとえ設定としては自分と全然違う環境だとしても、感情や考え方に共感できれば、思い入れを強くすることができます。

 

私は主人公の男女のどちらにも、共感できなかったんです。

だから、すごく外側から観るように2時間くらい、ふわーっと観ていました。

 

あと、カップル言い合いののケンカは悲しくなるし、不快ですね。

映画の盛り上がり的には必要だし、なんだったら最初からけんか腰のふたりなんですけれど。絶対にケンカするーと思っていたら、案の上でした。悲しい。

 

歌と踊りには圧倒されました。

驚き!って感じでついて行けなかったので、DVDとかで2回目観たら楽しめそうです。

あんまりミュージカル映画を見慣れていなかったので、少し耐性が出来ました。

 

ラストはいきなり5年後!って驚きましたが、違う人と幸せ家庭を持っていて、それについては矢沢あいさんの漫画『パラダイス・キス』みたいだなあっていうのが感想でした。

そして、選ばなかったもうひとつの人生の回想?シーンはすごく良かったです。

基本的にもしも論は無駄ですが、ただなんとなく、もうひとつの未来を空想するのはSFのようで好きです。

 

「夢を叶えるファンタジックストーリー」として観ると、とても楽しめると思います。