読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の私が、世界でいちばん幸せになること

日々、思ったことや感じたことを書いていきます。

「こじらせ女性」のこじらせない恋愛の仕方

女性は誰でも、恋愛についてはどこかしら「こじらせ」マインドを持っていると思うんです。

こじらせっていうのは、考えて考えて変な方向に行ってしまったり。マイナス思考しかできなくなってしまったり。

私もつい最近まで、こじらせていました!笑

 

彼会えない夜は寂しい。泣く。

寂しいときに彼から連絡がきても、ツンツンした態度で返してしまう。

寂しいけれど、会いに来て!とは言えなくて、彼からしたら、「一体何が言いたいんだろう?俺にどうして欲しいの?」というような態度をとってしまう。

 

あるある~...じゃないですか?

とにかく寂しくて堪らない。彼に会わないとこの寂しさは埋まらない!

 

確かに、彼に会えない寂しさを埋めることは出来ません。

しかし、彼に会えないのは決定事項として、受け止めましょう。

「会えない時間を自分がどう過ごすか」

この一点にフォーカスしていきましょう。

 

 

 よく聞く言葉に、「彼と会えない時間は、趣味を充実させたり自分磨きをするなどして、自分の時間を有意義に楽しみましょう!」といったものがあります。

これで寂しさから解放されるのなら、それは素晴らしいと思います。

 

私が思うに、これが出来る人はこじらせてない!

 

頭ではそうしたほうが良いと、こじらせ女性もわかっているのです。

でも、出来ないから苦しんでいます。

出来ない自分を責めて、自己嫌悪からより大きな寂しさや虚無感を読んでしまいます。

無理に彼から離れよう離れようとしても、苦しくなるだけです。

 

そこでおすすめなのが、恋愛心理学の本を読むことです。

 

本屋さんに行けば、「男に愛される女になる方法」や「男が手放さない女になる方法」など、そういったタイプの本はたくさんあります。

そのタイプの本は、大抵が男女の恋愛心理学に基づいたものです。

惹かれるタイトルがあれば、それは今、彼に会えなくて寂しい気持ちでいるあなたの本当の願望そのものです。

 

読んでいるうちに、男女の恋愛における心理というものがわかってきます。

相手の気持ちもわかってくるでしょう。個人差はあると思いますが、男と女の考え方の違いは大体当てはまります。

親切なことに、本の中には彼の気持ちと、自分がどういった心持ちでいて、どういった感じの言葉をかければ良いのかまで書いてくれています。

それをそのまま実践しなくても良いのです。ただ、そうやって彼に聞けない彼の気持ちがなんとなく見えてきただけで、安心しませんか?寂しさは薄くなってきませんか?

 

「彼と会えなくて寂しい...私はこんなに寂しいのに、彼は寂しくないの?」

こんなこと、彼にはなかなか彼には聞けませんよね。

...聞けるかもしれませんが、男性からするとこの質問はだいぶしんどいものです。

私は過去に何度もこの質問をして、当時の彼はだいぶ困った&うんざりでした。

はい、こじらせてますね。笑

 

彼と会えなくて寂しいときには、無理に恋愛から離れようとするのではなく、恋愛に向き合う

 

恋愛心理学の本でも良いですし、恋愛についてのブログというのも調べたらたくさん出てきます。そういうブログを読むのは、本よりも簡単で手軽かもしれませんね。

無理に離れようとすると、苦しくなります。

その苦しさは、彼があなたに与えたものではなくて、あなたが自分のなかから生み出したものなのです。

 

彼と会えないときの寂しさは、無理に他のもので埋めるものではありません。

彼のことが好きなのですから、会えないと寂しいのは当たり前です。

ただその気持ちはあなたのものなので、彼にマイナスの言葉をぶつけないようにしましょう。

そして、彼のことを思いやりながら自分の株もアップする方法(笑)として、恋愛心理学の本やブログを読むことをオススメします。

 

こじらせ女性が少しでも、寂しさからくる苦しみに涙しませんように!