25歳女子生活Review

iichico(いいちこ)25歳、恋愛・美容系ライター兼飲食店アルバイトです。身の回りのものレビューを書いています。本、漫画、美容、婚活アプリがメインです。

book『金持ち父さん 貧乏父さん』

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

2013年に出版された改訂版。

元は2000年に日本で発売されています。

あまりに有名な本なので、読んだことがある人も多いですよね。

 

2000年、私は9歳でした。

筆者のロバートさんが、金持ち父さんのもとでお金のことを学び始めたのも、9歳。

9歳の私にこの本が読めたとは思わないけど(24歳でも読まなかった)、もし今私に9歳の子供がいたなら、この本をすすめてあげたいと思います。

 

 

私は去年の夏、友達に勧められて購入。

でも、全然興味が持てなくて部屋の隅に寝かせていました。

この強い紫色の表紙に圧倒されていました。笑

 

最近、セミナーや勉強会でこの本を好きだと言う人、この本について触れる話を聞く機会が増えたので「これはそろそろ読めという合図かな」と、強い紫色の表紙を開こうと決めました。

 

読んでみたら、すぐに読み終えました。

文章が柔らかくて読みやすいです。

私の文章を読むスピードは、文章の硬さ・柔らかさに比例します。笑

 

 

この本を読んで考えたのは、「お金に関する教育」について、です。

 

作者のロバートさんが育ったのはハワイ、しかもずっと昔のこと。しかし今現在の日本という国でもお金に関する大衆の考え方は変わっていません。

 

高学歴、高収入。安定した給与を求め、自分が与えられたお金はずっと大切に大切に銀行に保管して、安心を求めて働き続ける...。

 

今の若い人たちは、年金が無くなるかもしれなかったり、退職金も出なくなったり...会社や国に守られない、頼れない状況になります。

 

どんどん『個人の力』が必要です。

私は教育に関して詳しくはないですが、自分と同じような教育を受けた人や、周りにいる大学を出た人を見ても...もっとお金の勉強をした方が良いと思います。

 

大人になった今だからわかるお金の大切さや、働くことについて思うことは誰しもあります。

もし、知識としてお金について学んでいたら、今の職業を選択していたかどうか。それは「幸せ」に繋がることだと思います。

 

もっと難しくなく、仰々しくなく、お金の勉強が出来たら良いのになあ。

少なくとも私を含め、私の周りにいる人はもっと色んなことが良くなると思う。

 

そういうことを学ぶために、今、私が何をすべきか。どうしたらそう出来るのか。

この本のように例えると、「買えない」ではなく「どうしたら買えるか」を考えてみようと思います。 

 

私より知識を持った人は、世の中にたくさんたくさんいるけれど、私が発信してはいけないと決められている訳でもないし、私は1年前の私のような人に読んで欲しい文章を書きたいと思いました。

 

大いに脱線しました。笑

 

そして、この本の中にはロバートさんが好んでいるという『不動産投資』についてのお話があります。

私は不動産に特に興味があったわけではなかったのですが...

先日カフェで、カバーを付けずに読んでいたら、お隣の中年男性に声をかけられました。

最初警戒をしましたが(正しい反応)、男性は「その本を見てつい声をかけた」ということで、少しお話しました。

 

少しお話して、最後はオススメの不動産雑誌を見せて頂いてお別れしました。

名前も知らない方だったけど、同じ本が好きというだけで少し繋がることもあるんだなあと、なんだか感動しました。

 

 

「金持ち父さん」シリーズはたくさん出ているようなので、続編の「キャッシュフロー」も読みたいと思います。なんだか、今日はそのゲームに誘われているのですが、ついていけるかあ...。

とりあえず経験!で行ってきます!